小説や漫画などの本やそれに関連するものの感想場所。加えて最近の傾向は、映画尽くし……。
プロフィール

Fieblia

Author:Fieblia
気がつくと一冊また一冊と本を買ってしまう活字中毒人間、本の虫。しかも漫画も大好きだから始末に終えない。その上、最近はゲームに映画にとますますいろんなものに金費やしてます……。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
ブロとも申請フォーム
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【--.--.--】 スポンサー広告
一条ゆかり『有閑倶楽部』
4086176017文庫版 有閑倶楽部 (1~10)
一条 ゆかり
集英社 2000-05

by G-Tools

【あらすじ】
聖プレジデントの生徒会6人組、いつも退屈暇している集団“有閑倶楽部”。
この6人は、理事長のお気に入りであり先生たちも一目おく人ばかり。
生徒会長の菊正宗清四郎は医者の息子で、倶楽部の頭脳であり武道も達人級。
副会長は松竹梅弥勒はヤクザにも顔が利く警視総監の息子。機械イジリが好きな活劇派。
経理の美童グランマニエはスウェーデン大使の息子。混血の美貌で泣かした女は星の数。
書記の黄桜可憐は宝石商の娘。ナイスバディの派手好きで、男にもてるのが生きがい。
文化部部長の白鹿野梨子は茶道家元と日本画の大家を両親に。男にもてるが男嫌い。
運動部部長の剣菱悠理は日本有数の財閥の令嬢。喧嘩上等で、男より女にもてまくる。
無敵で過激な面々が巻き起こす痛快アクション・コメディ。

【感想】
おおおお。買ってしまいました。
自分が小学生の頃に一度買っていて、しかし引っ越すときに全部売ってしまったんだった。
ああ、馬鹿だったなぁ。こんなに面白いのに。何で売ってしまったのか。
荒唐無稽で、こんなんありえねぇ!!の連続だからこそ
次に何が起こるのかがわからずドキドキしつつページをめくれる。
続きが出るのなら欲しい。是非続きを描いて欲しいものだ。
昔は清四郎が好きだったけど、今読むと弥勒がいいなぁ。一緒にいると楽しそうだ。
あと、アクションの方に目が行きそうだけど、
有閑倶楽部で一番思い出に残ってるのはじつはホラーのほう。
暗闇の中でこっそり読んで眠れなくなった思い出が。
一粒で何度も美味しい有閑倶楽部。買っちまったからには何度も読んでやるぞ~。
スポンサーサイト

【2006.02.12】 読書・漫画 // COMMENT(2)
どこに紹介されてたのか。
そう思いつつ飛んでみて初めて知りました、【BLOOG! RANKKING】
楽しんでいただけて幸いです。是非またきてくださいね。
【02.12】 URL // Fieblia #- [編集] []
コメントお待ちしています。http://jump.sagasu.in/goto/bloog-ranking/に記事が紹介されていたので、見にきました~。ブログっておもしろいですね~。
【02.12】 URL // ハニヘイ #- [編集] []












管理者にだけ表示を許可する

| BLOG TOP |
CALENDER
10 // 2018.11 // 12
S M T W T F S
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
カテゴリー
リンク
ランキング
月別アーカイブ
RSSフィード
ブログ内検索
Copyright © 2005 日々是読書三昧。 All Rights Reserved.
Photo by Rain Drop // Template by chocolat* // Powerd by FC2