小説や漫画などの本やそれに関連するものの感想場所。加えて最近の傾向は、映画尽くし……。
プロフィール

Fieblia

Author:Fieblia
気がつくと一冊また一冊と本を買ってしまう活字中毒人間、本の虫。しかも漫画も大好きだから始末に終えない。その上、最近はゲームに映画にとますますいろんなものに金費やしてます……。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
ブロとも申請フォーム
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【--.--.--】 スポンサー広告
井上靖『風林火山』
4103025131風林火山
井上 靖
新潮社 2006-08-24

by G-Tools


大河の原作ということと、先に読んだ友人の
『勘助と晴信と由布姫の関係に萌えました』
というメールが届いたので買ってみました。

今まで井上靖さんというと難いイメージしかなかったのですが、
読んでみたらですね、思った以上に読みやすく、
古臭さを感じない文体と展開に惹きこまれまくりでした。
すごくさらっと読めますね。
後ろ向きな部分がほとんどないので前へ前へ進めました。
久々に二日にわたって二回・三回と読み返しまくりましたよ。

一度目はストーリーを追うだけでしたが、
二回目三回目と読むうちに勘助の由布姫に対する思いを追っていました。
初めは晴信と由布姫は勘助にとって同等の存在であったのですが、
進むにつれて由布姫の存在の方が大きくなるわけですよ。

50半ばから60半ばだろうと、潰れた隻眼だろうと、足が悪かろうと、
そんな部分など見えなくなるほど勘助が可愛い……いや、なんか違うかな。
切ないわけではないんですよね。
姫が喜ぶと勘助も嬉しい。その思いを感じるとこちらも嬉しい。
それくらいのめりこめるという事で。

だからこそ、最後の場面は体がゾクゾクしましたよ。

一冊だし、文庫もあるというお手軽さ。
気になっているのならお薦めですよ。


(以下、本に関係ない呟き↓)

[READ MORE...]
スポンサーサイト
【2007.01.15】 読書・一般 // COMMENT(0)
CALENDER
10 // 2017.11 // 12
S M T W T F S
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
カテゴリー
リンク
ランキング
月別アーカイブ
RSSフィード
ブログ内検索
Copyright © 2005 日々是読書三昧。 All Rights Reserved.
Photo by Rain Drop // Template by chocolat* // Powerd by FC2
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。